医療コラム 脂肪幹細胞

『 脂肪由来幹細胞 の豊胸』を徹底比較。幹細胞の数の違い

代表的な 脂肪由来幹細胞 の豊胸の種類、特徴と比較を北條医師が解説します。


<この先生が監修しました>

北條 元治 先生
株式会社セルバンク代表取締役。
RDクリニック医師、東海大学医学部非常勤講師。
信州大学附属病院勤務を経てペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。
帰国後、東海大学にて同研究と熱傷治療に従事。
2004 年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンクを設立。
2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。
著書に『ビックリするほどiPS細胞がわかる本』・『美肌のために必要なこと』他多数。
ウィキペディア
北條元治医師

脂肪由来幹細胞 の豊胸手術にも種類が色々あるのはご存じでしょうか。

代表的な脂肪由来幹細胞を含む豊胸術ですと、以下があります。

  • セリューション
  • プレミアムセリューション
  • CAL
  • セルチャー
  • セルバンクの脂肪由来幹細胞

様々なクリニックで脂肪由来幹細胞の豊胸手術が行われていますが、何がどう違うのか、混乱しやすいのも事実。

脂肪由来幹細胞を用いた豊胸手術に焦点を当てて、それぞれの特徴と違い見てみましょう。

幹細胞 って?

まずは、脂肪由来幹細胞の豊胸手術のおさらいです。

人の身体には幹細胞という特殊な機能を持つ細胞があります。

幹細胞には、体の組織を保つために細胞分裂を繰り返して自分自身と同じ細胞を作るコピー能力と、別の種類の細胞に変化(分化)する能力があります。

脂肪幹細胞の役割

脂肪幹細胞
脂肪 由来 幹細胞(ASC)って何?

再生医療で用いられる 幹細胞 の概要と 脂肪幹細胞 の役割と 豊胸手術 で用いるメリットを北條医師が解説。

続きを見る

幹細胞が大切な理由

なぜ幹細胞が大切かというと、幹細胞の役割が体内で不足しているもの・必要なものを補ってくれる、そんな潜在能力があるからです。

豊胸で活用される脂肪由来幹細胞ならば、乳房の中で脂肪細胞が生着するために必要な栄養や酸素を運ぶ血管を作ることを促す働きをしてくれます。

生まれてから、どんどん失われていく幹細胞

細胞には寿命があります。

幹細胞は、人間の身体に欠かせないものですが、身体の中の再生能力は年をとると、どんどん失われていきます。

それは、幹細胞の数が関係しているのです。

生まれたばかりの新生児が持っている幹細胞の数を100としたら、0歳~10代で20以下まで下がります。

年を取ればとるほど、体の中の幹細胞は失われていくのです。

また、それと伴って幹細胞の再生能力も衰えていきます。

減っていく幹細胞の数

出典:Journal of cellular physiology(2007) doi 10.1002/JCP

脂肪幹細胞 の役割

豊胸手術で活用される脂肪由来幹細胞は、元々人の身体の脂肪に含まれている幹細胞です。

女性のバストは、ほとんど脂肪組織で出来ているので、脂肪由来幹細胞が豊胸や乳房再建などの医療や美容手術に活用されています。

幹細胞の役割

出典:https://www.cellport.jp/treatment/cal/

次のページへ >

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ