医療コラム

豊胸 で失敗しない 脂肪吸引 って?

女性の背中
失敗 しない豊胸の 脂肪吸引 とは?様々な 脂肪吸引 の技術や機材が蔓延している美容手術のなかで、マイアミ美容外科の丸山院長のおススメの 脂肪吸引 機材とその理由をご紹介します。

<この先生が執筆しました>

丸山 直樹 先生
銀座マイアミ美容外科 院長
昭和大学藤が丘病院 形成外科 兼任講師
日本形成外科学会(専門医)
日本美容外科学会(JSAPS / JSAS)
昭和大学医学部卒業。聖隷浜松病院、昭和大学形成外科勤務を経て、昭和大学藤が丘病院形成外科講師に。
大手美容外科入職し、翌年同クリニック統括院長に就任。2017年銀座マイアミ美容外科開院。
2018年医療法人社団形星会理事長就任。2019年銀座マイアミ美容外科SALONE開院。多くの形成外科専門医の指導にあたる。

銀座マイアミ美容外科 http://myami-clinic.jp

丸山医師

 

種類が色々ある 脂肪吸引

脂肪吸引は、大きく2つに分類されます。機械式と手動式です。

現在、日本にはさまざまな脂肪吸引器が出回っていますが、

それらを使用して脂肪吸引をするのが機械式、シリンジ法といって注射器に管(カニューレ)を取り付けてその管で吸引をするのが手動式ということになります。

機械式の脂肪吸引はさらに2つに分類されます。

1つ目は、単純に脂肪を吸い出すタイプの機械。2つ目は、脂肪を吸いやすく加工しながら吸引をする機械です。

前者の単純に脂肪を吸引するタイプは、例えるなら掃除機の様に陰圧をかけてただひたすら脂肪を吸引する機械です。

古典的な機械ではありますが、厚生労働省の承認を得ている信頼性の高い機械もあります。

後者は、脂肪を吸い出しやすくするために超音波、レーザーや水圧を利用するものなど多彩です。

これらの機械は国内で役所の承認を得ているものは無く、医師の責任のもと使用されています。

従って、それぞれの機械の特徴をきちんと医師から説明を受けて理解した上で施術を受ける必要があります。

脂肪注入豊胸での 脂肪吸引

脂肪注入豊胸での脂肪吸引では、なるべく無傷な脂肪を採取してくる必要があります。

機械式では吸引圧が高かったり、超音波やレーザーを使用すると脂肪が壊れたりしますので、脂肪豊胸での脂肪吸引は低圧で脂肪を吸引できるシリンジ法を採用するクリニックが多いと思います。

脂肪吸引する箇所は、以前はLFD(ローカライズドファットディポジット)と呼ばれる貯蓄型の脂肪がよいとされていました。

つまり、その様な脂肪が多いとされる、腰回りや太もも外側の脂肪です。

最近の学会発表では、腹部も太腿も差がないとされる発表もありますし、脂肪吸引に適した箇所についてはまだ諸説ある状況です。

私の経験では、脂肪吸引箇所は、太腿でもお腹でも、脂肪がたっぷりついていて、つかめるところ、そしてダイエットしてもなかなか落ちない箇所から吸引すると良いです。

なぜならば、ダイエットしても痩せづらい性質の脂肪をとって、胸に注入すると体重が落ちても痩せづらい胸になるからです。

豊胸手術の中で 脂肪吸引 をするメリット

豊胸手術の中で脂肪吸引をすることのメリットは以下になります。

メリット

  • 体にメリハリが出来る
  • アレルギー反応が低い
  • 即効性がある

脂肪豊胸には、様々なメリットがあります。こちらでは、脂肪豊胸の利点を簡単に解説いたします。

豊胸と合わせることで体にメリハリが出来る

ダイエットと脂肪吸引の違いを考えてみてください。決定的な差があります。それはなんでしょうか。

ダイエットは、体全体から脂肪が無くなっていきます。

例えば、お腹を引っ込めたいと思った場合、ダイエットすると内臓脂肪がなくなってその後お腹の皮下脂肪が無くなっていきます。

しかし、それよりも先に、胸が小さくなってしまいます。そんな経験はありませんか?

つまり、ダイエットでは、痩せたい場所を選べないのです。

それに対して、脂肪吸引は痩せたい箇所を選べます。

つまり、ウエストをくびれさせたければ、ウエストから脂肪吸引をすれば良いのです。

そして、その脂肪を捨てずに、乳房に注入すれば、ウエストがくびれてかつ胸が大きくなります。

つまり、メリハリのあるボディーラインが作成できるというわけです。

アレルギー反応が低い

脂肪豊胸は自分の脂肪を吸引して、それを材料として豊胸しますので、アレルギー反応が基本的にはでません。

ヒアルロン酸注入や他のゲル素材ですと、アレルギーがでるかたもおられますので、脂肪のアレルギーに対する安全性は他の素材に比較して高いといえます。

ただ一つ例外があります。それは、脂肪注入した後に脂肪が定着しなかった量が多い場合です。

脂肪は定着しなかった場合、再び体に吸収されます。

しかし、定着しなかった脂肪が塊であると脂肪壊死を起こすことがあります。

壊死した脂肪は、体にとって異物と判断されます。

そうした場合、免疫機構が壊死脂肪を排除して炎症を起こします。

アレルギーに似た症状で、乳房が赤く腫れます。

治療として、壊死した組織を除去すれば治ります。

即効性がある

脂肪を注入してすぐに、胸は大きくなります。

注入してすぐは、麻酔液も一緒に乳房に注入されますので、一番大きくなります。

1週間くらいすると10%くらい萎みます。

その後、1ヶ月くらいかけて徐々に小さくなりますが、1週間後の大きさの大体8割から9割の大きさで落ち着きます。

豊胸手術の 脂肪吸引 のデメリット

メリットがある反面、デメリットもあります。デメリットは以下になります。

ダウンタイムがある

脂肪吸引する箇所は、筋肉痛の様な痛みがあります。

3から4日は内服の痛み止めが必要と思われます。

腫れ浮腫みがでますので、1週間くらいは圧迫下着をなるべく長い間着ける必要があります。

内出血の青あざが平均的に2週間くらいでます。

この様な手術後の症状は、脂肪吸引するエリアが広ければ広いほど強くなります。

例えばヒアルロン酸の注入や、シリコンインプラントは乳房だけが痛いですが、脂肪注入の場合は、脂肪吸引した箇所も、胸も同時に痛いということになりますので症状がでる範囲が他の施術と比較して広いということになります。

こんな人におススメ

  • 下半身が太っているのに胸が小さい
  • スポットで痩せたい箇所があって、胸も大きくしたい
  • 異物ではなくて豊胸をしたい

 

脂肪吸引 で使う機械について

クリニックによって用いられる 脂肪吸引 の機材は多種多様

現在、クリニックによってさまざまな脂肪吸引器が使用されています。

一般の消費者にとってはどの機械がいいのかきっと迷うと思います。

ここでは、その中でも、よく使用されている脂肪吸引器について解説をします。

豊胸手術でよく使用される 脂肪吸引機

日本の美容外科で一番使用されている台数が多いのは、単純な脂肪吸引器です。

コンプレッサーで陰圧を作り出して脂肪を吸うという単純な構造ですが、シンプルが故に故障も少なく、中にはメンテナンスフリーで長期間使用できるものもあります。

吸引圧はおおまかに設定することができて、ある程度の吸引の強弱をつけることも可能です。

脂肪を吸いやすくする機能が付いている脂肪吸引器では、超音波で脂肪を破砕、乳化して吸引しやすくする製品が一番多く流通しています。

こちらでは、その2つについて解説します。

脂肪吸引 の機材の性能の違い

単純な脂肪吸引器も、超音波破砕機能付きの吸引機も、吸引圧は大差ありません。

しかし、後者には、前者よりも細かく吸引圧の設定ができますし、超音波で脂肪細胞を破壊できますので、脂肪吸引できなかった細胞も減少させることができます。

医師が施術で使い慣れている機材が一番

脂肪吸引器は様々なものがありますが、結局は使い慣れているものが一番と考えている医師が多い様に思います。

また、機械が優れていても、使用する医師の技術が悪かったり使いこなせなかったりすると結果はよくありません。

超音波破砕タイプでも、レーザーで脂肪を溶解するタイプでも、使用する医師の腕が未熟だと火傷などの重大な合併症が引き起こされてしまうことも多々ありますので注意が必要です。

銀座マイアミ美容外科の 脂肪吸引 は

銀座マイアミ美容外科の 脂肪吸引 の機材の基準

マイアミ美容外科の脂肪吸引

当院が基準としている機材の基準は以下になります。

脂肪吸引器は様々ありますが、当院が機材を採用するにあたって考えていることは以下の通りとなります。

機材の基準

  1. 体の組織を傷つけづらいこと
  2. 取り回しがしやすいこと
  3. 良質な脂肪が採取できること
  4. 厚生労働省の承認機器であること

 

チューリップ社のシリンジ法とフォーメディックス社の機械式 脂肪吸引器

2つの 脂肪吸引器 を使う理由

当院では、上記2つの機器を採用していますが、いずれも厚生労働省の承認を得られた医療機器になります。

機械式の脂肪吸引器は、主に顔の脂肪吸引や極端に肥満なかたに使用していますが、当院では脂肪吸引のほとんどをシリンジ方で行っています。

こちらでは、当院がなぜシリンジ法にこだわるのかを説明したいと思います。 

なぜシリンジ法なのか

シリンジ法とは、世界最古の脂肪吸引方法です。

色々な便利な機械が出ているのになんで、この古典的な方法にこだわっているのか、ここでは時の選択に耐えて現代まで残ってきたシリンジ法の良さをお伝えできれば良いと思います。

シリンジ法の良さ

  • 体の負担が少ない
  • オーダーメイドの細やかなデザインがしやすい
  • 根こそぎ脂肪を吸い取らない

 

理由1:体の負担が少ない

シリンジ法は、吸引圧が低いので、血管や神経など脂肪以外の組織を巻き込みづらいです。

なので、穿通枝と呼ばれる筋肉や脂肪を貫いて皮膚までいたる動脈や、腓骨神経や尺骨神経、大腿外側皮神経などの脂肪組織のなかを通っている神経を傷つけるリスクが低いです。

理由2:細やかなデザインがしやすい

カニューレと呼ばれる細長い管に注射器をセットして、注射器を引いて脂肪を吸引するというとてもシンプルな構造です。

脂肪は注射器の中に溜まります。

機械式の吸引機と違って、脂肪を排出する管が機械と繋がっているのと違い、軽くて取り回しもしやすいです。

これは、細かな造形をするにあたってとても便利です。

理由3:根こそぎ脂肪を吸い取らない

吸引圧が低いので、機械式に比べて少しずつしか脂肪が取れません。

従って、根こそぎ取ると意識して脂肪吸引しないと根こそぎ脂肪が吸えません。

そもそも、根こそぎ脂肪吸引をすると皮膚が茶色くなったり、ぼこぼこしたり、拘縮やつっぱりがずっと残ってしまったりといいことは一切ありません。

人間の皮下脂肪は浅い皮下脂肪と深い皮下脂肪に分かれますが、根こそぎとって良いのは深い皮下脂肪のみです。

浅い皮下脂肪は皮膚の質感を良くするために、残さないといけない脂肪です。

浅いところも脂肪吸引することはするのですが、決して浅いところまで根こそぎ取ってはいけないのです。

シリンジ法だと、意図的に根こそぎとらなければ取れませんので、ボコついたいり色素沈着するリスクが機械式に比べて低いと言えます。

シリンジ法で 脂肪吸引 のメリット

シリンジ法のメリット

  • 繊細なデザインが出来る
  • 体のダメージが少ない
  • 根こそぎ取りすぎることがない

 

シリンジ法のメリットは、機器の取り回しが良いためにデザインがしやすく、組織のダメージが少なく、いい塩梅に残すべき脂肪を残して吸引できるという点です。

脂肪吸引は、脂肪の彫刻です。体を彫刻する様に繊細なシルエットを造形しないといけません。

シリンジは軽くて取り回しが良く、その様な造形に向いています。

また、吸引圧が低くて、血管や神経などの組織へダメージを与えづらいです。

そして、脂肪吸引量のコントロールがしやすいので深いところの脂肪細胞は根こそぎとり、浅いところは程よく残しつつ脂肪吸引をすることができます。

シリンジ法で 脂肪吸引 のデメリット

シリンジ法のデメリット

  • 機械式吸引器より手間がかかる
  • 術者が慣れるのに時間がかかる
  • 再手術の場合は機械式に軍配が上がることがある。

 

患者さんにとっては、シリンジ法のデメリットはありませんが、手術する医師にとってはいくつかのデメリットがあります。

まず、機械式の吸引機よりも手間がかかります。

シリンジ法の脂肪吸引の手順は、まず、カニューレを脂肪吸引したい箇所に差し入れます。そして、注射器を引きます。

プランジャーという部分を引っ張って注射器内に陰圧を作り出すわけですが、この操作に結構力がいります。

筋力の弱い男性医師や女性の医師だと辛さを感じるほどの力です。

私も、新人医師を指導する際は、まず筋トレをしてきてもらうことがあるくらいです。

プランジャーを引いただけで脂肪が注射器内に入り込んでくるわけではありません。

今度は、カニューレを前後運動させます。ちょうどピストン運動のように往復運動を繰り返します。

すると、カニューレ先端に開いた穴から脂肪が引き込まれて、ちぎれて吸い込まれる仕組みになっています。

注射器に脂肪が溜まったら、挿入口からカニューレを引き抜いて脂肪をびゅっと押し出して捨てます。

その操作を繰り返して脂肪吸引をしてゆきます。

機械式は、機械が吸ってくれるので、術者は脂肪層にカニューレを刺し入れて、往復運動を繰り返すだけです。

すると自動的に機械の容器に脂肪が吸い込まれていきます。

このことから機械式よりも手間がかかると言えます。

また、シリンジ法は習熟するのに時間がかかります。

原始的な装置だからこそ、医師の技量が如実に反映されるので、最初は全然吸えません。ある程度の力も入ります。

機械式吸引機は、術者の技量をカバーするために開発されてきたという経緯を考えると、シリンジ法の難しさがお分かりになるかと思います。

また、以前脂肪吸引した箇所を再手術するときはとても大変です。

一度手術した箇所は、瘢痕で硬くなっており、また脂肪も瘢痕に埋もれていて吸いづらいからです。

その点では、超音波破砕式の脂肪吸引器の方が脂肪を細かく砕いて吸うことがでるので、脂肪量を減らしやすいです。 

脂肪吸引で大切なこと

脂肪吸引の機材の選択肢を知ることは必要ですが、機材は医師の経験と技術の土台がなくては機材を活かすことは出来ません。

脂肪吸引の施術をする際に医師として大切にしていることをお伝えいたします。

脂肪吸引で大切なこと

  • デザインが命
  • 体の全体的なラインのバランス
  • 脂肪吸引の技術力
  • 脂肪吸引=ダイエットではない
  • 安全性にこだわること

 

それぞれ詳しく説明します。

デザインが命

脂肪吸引はメリハリをつけて吸うことが大切です。

例えば、寸胴の人がいたとして、全体的に均等に吸ったら細くなるけども寸胴のままです。

弱く吸う、強く吸う、弱く吸うとするから真ん中が凹んでくびれができるわけです。

この様に、脂肪吸引ではデザインがとても大切です。

デザインする際には筋肉の位置や骨格も全て考慮して行わなくてはならず、解剖学的な知識と美的センス、経験が必要です。

体の全体的なラインのバランス

デザインとも関わってくるのですが、脂肪吸引の際はからだ全体のバランスを見ることも大切になります。

例えば、人によっては、極端に太ももを細くしすぎるとふくらはぎが目立つことがあります。

気になる箇所の脂肪吸引をするときに、脂肪吸引していない箇所との対比を考えながらデザインをすることも大切なことです。

脂肪吸引 の技術力

いうまでもなく、脂肪吸引の結果には医師の技術力が如実に反映されます。

クリニックによっては、この機械を使用するから結果がいいというような広告の見せ方をすることがありますが、実際は良い機械を使用しているから結果が良いということはありません。

最新の機械を使用していても、使用する医師の技術力が低いと良い結果は出ません。

実際に、超音波破砕吸引型の機械を使用した脂肪吸引で、火傷や皮膚壊死を生じた症例の学会報告もあります。

脂肪吸引 =ダイエットではない

脂肪吸引では、局所的な脂肪の除去ができますが、ダイエットでは、除去した脂肪を選択することはできません。

ダイエットでは、体重を落とすことができますが、脂肪吸引では大幅な体重の低下は不可能です。

ですから、脂肪吸引=ダイエットという考え方は間違っています。

脂肪吸引は、スタイルを良く見せるためのボディーデザインであって、痩身ではないということが意外と盲点になっています。

安全性のこだわり

安全性にこだわった結果、当院では静脈麻酔とチューメセント法という特殊な局所麻酔で脂肪吸引をしています。

全身麻酔や、腰椎麻酔で脂肪吸引をすると、筋肉が緩むので、例えば腹筋を貫いて腹腔内にカニューレを刺してしまうという事故が、局所麻酔に比べて起こしやすいと考えます。

局所麻酔でしているから、筋肉のはりを保ったままで手術できます。すると、容易には筋肉を貫くことがないので安全です。

実は局部麻酔で出来る 脂肪吸引

そもそも脂肪吸引は、局所麻酔で行う手術として開発されました。

とある医師が、最初は冷やした生理食塩水を自身に注射して、脂肪吸引したところ痛みがなかったということからチューメセント法を発明したことから、初期の頃は局所麻酔のみで行われていました。

当院では、痛みや恐怖感を感じなくするために、静脈麻酔で寝た状態で手術をしますが、必ず局所麻酔(チューメセント法)を併用します。

脂肪吸引 のビフォーアフター

マイアミ美容外科での 脂肪吸引

当院では、全身の脂肪吸引が可能です。

わかりやすくセット料金になっていますので、気になる箇所の含まれたセットメニューの中から選んでいただくと良いかと思います。

症例1

女性のウエスト

写真の引用リンク:

このかたは、くびれMaxセットを行ったかたです、上腹部、下腹部、ウエスト、腰を脂肪吸引するメニューです。綺麗になくびれを作成することが可能です。

手術は、シリンジ法で行っています。肋骨の縁(季肋部)のシルエットを際立たせるとくびれがつきやすいです。

症例2

女性の太もも

このかたは、太ももMax痩せセットを行っています。太もも外側、内側、後腿、臀部、膝内側の脂肪吸引をしています。

早くむくみが引く方は、手術後2週間でもこの様に結果が出ます。

脂肪吸引 のよくある質問(Q&A)

Q1脂肪注入 で豊胸したいと思っています。脂肪を吸引する体の部分によって、バストの痩せやすさ、痩せにくさに違いはありますか?

A バストには、質の良い脂肪を注入したいですよね。どの箇所の脂肪の質が良いのかというと、まずグッと掴める箇所です。つまめるではなくて、掴めるです。そして、ダイエットしてもなかなか落ちない箇所の脂肪を吸引して注入するのも良い方法です。痩せづらい箇所の脂肪を吸引して胸に注入すると、今度は痩せづらい胸になります。

Q2脂肪吸引 すると吸引したところがボコボコになるって友達に言われました。穴ができるって本当ですか?

A 穴ができるわけではないのですが、脂肪を均一に吸わないと質感がボコボコします。脂肪吸引をすると、吸った箇所に瘢痕拘縮というものが起こります。つまり、ひきつれのことです。この拘縮というのは、決して悪い作用ではありません。この、拘縮が起こるからこそ脂肪吸引した箇所が引き締まるのです。脂肪を吸った箇所は最初の1ヶ月くらい、硬くなって少しボコつきも見られるでしょう。それが、3ヶ月目くらいまでに次第に緩んできて、半年以内に質感も戻ります。

Q3 バレない豊胸をしたいと思います。一回の手術でどのくらいの脂肪を取る感じでしょうか。脂肪吸引 もばれませんか?

A 1回に400mlの脂肪を吸引して200mlずつ胸に注入するのが標準的的です。脂肪吸引した箇所にと胸に平均2週間ほど青あざができます。平均2週間ですので、3週間くらい青あざが残ることもありますし、1週間くらいで消えるかたもおられます。打ち身捻挫のような青あざがある時に、それを見られるとバレると思います。青あざが消えてしまえば、他の人にバレてしまうことはないかと思います。

Q 他のクリニックでは、ベイザーのほうが性能がいいとか、アキ―セルのほうが最新だとかいうお医者様の声もありますが、丸山先生はどれが一番おススメですか?

A 結局、機械を使用する医師の技術が全てです。機械が優れているから結果が良いと謳っているクリニックは信頼できませんが、優れた医師が良い機械を使用すれば、鬼に金棒という側面もあるかと思います。カウンセリングを実際に受けて、その先生に脂肪吸引の仕上がりを良くするために行っている工夫などを訊ねてみるといいと思います。その先生が、最新の機械を使用しているから結果が良いと異様な説明をした場合は信頼しない方が無難です。

 

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ