まとめ 脂肪幹細胞

もっと幹細胞のことがわかる動画のまとめ

ヒト幹細胞培養液

ヒト幹細胞コスメの美容液を見聞きしたことがある方が多いのではないでしょうか。

従来は肌の老化で不足しがちなヒアルロン酸やコラーゲンを補う美容液が一般的でしたが、ヒト幹細胞の培養液を使うと、成長因子を肌に補うことで細胞そのものを活性させることがわかってきました。

ヒト幹細胞培養液は、安全性が高く、肌の老化や肌の悩みを根本から解決させると期待されている方法です。

このヒト幹細胞の培養液は、ヒト幹細胞そのものが含まれているわけではありません。

しかし、ヒト幹細胞培を培養した時に含まれている成長因子が、真皮や表皮幹細胞に働きかけ、結果として美肌や肌の抗老化などの悩みに有効と言われています。

参照:https://youtu.be/yvjgvL-dJLs (幹細胞入門編)

Biology STEM CELLS

『Biology STEM CELLS』は幹細胞とは何かを端的に4分で説明している動画です。

幹細胞の簡単な説明と実際にどのような治療に使われているかを紹介しています。

幹細胞の重要性

神経細胞や赤血球など私たちの体内にある全ての細胞は、生まれた時から役割が決まっており、生涯その役割しか果たしません。

しかし、科学の進歩によりどんな細胞にもなれる『幹細胞』と呼ばれる素晴らしい細胞があることが発見されました。

これは、傷ついた臓器や疾患を治療する画期的な治療法につながるのです。

骨折などの治療やパーキンソン病まで幅広い治療に活かせることが明らかになってます。

幹細胞の中で、受精卵から作られるES細胞はどんな細胞にも変わることができますが、体性幹細胞が変わることができる細胞は限定的です。

 

幹細胞の課題点

さまざまな治療が期待できる幹細胞ですが、他人の細胞を使う場合、倫理的問題があることは避けられません。

たとえ治療であっても、臓器のクローンを作り出すことに反対をする人々がいることも事実であり、まだその議論は継続中です。

また、研究の歴史が浅い分野のため、どのように細胞が働き、人間が意図するように細胞をコントロールするには、まだ研究が必要という段階にあります。

 

幹細胞の活用例

ヨーロッパでは毎年26,000件以上の幹細胞を使った治療が行われています。

白血病、骨髄ガン、リンパ浮腫などたくさんの治療に用いられている幹細胞ですが、血液や免疫の治療分野で最も多く採用されている現状があります。

また、人間だけでなくサイなど絶滅危惧種の保存にも役立っているのです

 

参照:https://youtu.be/9db44fBrWrE (Biology STEM CELLS 生物学・幹細胞)

次のページへ >

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ