まとめ 人気記事 海外

豊胸も失敗級な海外のインフルエンサーたち

失敗級なインフルエンサーたちSNSで自慢のバストを掲載するインフルエンサー達が増えています。

しかし、一度の豊胸では満足できず、豊胸を繰り返し、あきらかに人工的なバストになってしまったインフルエンサーも。

大きいバストを超えて、失敗級のバストになっている海外インフルエンサーを紹介します。

 

ママに起業家に大忙し!

Allegra Coles

@allegracoleworld

アメリカ人のAllegra Coles(アレグラ・コール)さんは50代に突入したビッグバストを持つグラマーモデルであり起業家。

ウォータースライダーを滑ったり、料理をする姿をYOUTUBEにアップするなど

とてもアクティブな女性ですが、美しさより、バストが邪魔にならないか心配になりそうなサイズを持っています。

小さい頃から、モデルに憧れ、世界で一番大きなバストを持つ人になりたいと思っていたそう。

33歳で初めての豊胸手術をし、その後2回の豊胸手術を経て、

なんと9,000ccのバストを手に入れたのです。

ソーシャルメディアセレブになる前は、ピアノ教師として働いていたAllegraさん。

インスタ上でも自慢のバストとピアノの腕前をよく披露しています。

Allegraさんは、5歳から21歳までの子供を育てるお母さんでもあり、家事や仕事、整形と大忙し。

豊胸をより良い自分になれるための手段であることを訴えるために、積極的に自分の姿をSNSにアップしています。

そんなインスタはたちまち人気となり、133万人のフォロワーがつきました。

それから収入を広告スポンサーから得るようになり、

Acole Industriesを立ち上げて、豊胸したい女性のサポートをするようになったのです。

Acole Industriesは、豊胸や整形をして自分に自信をつけたいメンバーとスポンサーをつなげる役割をしています。

今では、若い世代だけでなく、ママ世代の女性がサイトを通して豊胸するケースが増えているそう。

彼女に相談して豊胸を受ける女性達が、大きすぎず自分に合ったサイズを見つけられるといいのですが。

アニメキャラを超えてしまった驚異のバスト

FoxyMenagerie

@foxy_menagerie

Foxy Menagerie(フォクシー・メナジェリー)さんは、アメリカのミシガン州に住む42歳のインフルエンサー。

ディズニーの映画「ロジャーラビット」に登場するグラマラスな歌手の「ジェシカ・ラビット」のようになりたいとのことですが、

すでにそのバストサイズはキャラクターを超え驚愕のサイズ感です。

離婚をきっかけに豊胸を始め、現在では、6,640ccのシリコンインプラントが入っているとのこと。

過去には入れたインプラントに不具合が生じ、

担当医が電話に出なくなるなどトラブルがありました。

しかし、ヨーロッパで現在のバストの豊胸手術に成功し、価格が安かったことで、さらなる大きさになったようです。

バストの盛り上がり部分は皮膚が無理やり引っ張られて痛そうに見えます。

本人は、皮膚の伸びを見ながら、さらに豊胸をしたいという希望を持っているようです。

しかし、豊胸をしたことで、階段の昇り降りが大変なことや料理ができなくなっているなど、普通の生活に影響が出ています。

しかし、彼女が外に出れば、みんな彼女と一緒に写真を撮りたがり、注目を浴びることをやめられません。

フォロワーは25万人以上になり、その反応が楽しいようです。

彼女は自分が豊胸依存になっていることをわかっていますが、

健康第一で豊胸を楽しむと語ります。

見た目も重要ですが、豊胸で怪我や病気になったら大変です。

いつでもどこでも自慢のバストをお披露目@officialpoosiepoosie

officialpoosiepoosie

@officialpoosiepoosie

Poosie Poosieさんはラスベガス在住、フォロワー9万人のインフルエンサー。

豊胸、唇のフィラー注入をしていることをオープンにし、自分の美を追求しています。

彼女のインスタには、風船サイズ級のバストが数多く並び、大きなバスト好きな男性からたくさんのコメントが寄せられているのです。

十分大きな1,200ccのバストに豊胸したものの物足りず、

2020年には2,600ccに豊胸し直したというから驚き。

それでもまだまだ足りず、「今後もどんどん大きくするわ」と断言しています。

露出が高い水着だけでなく、タンクトップなどの外出時の姿をどんどんアップする彼女。

どんな洋服を着てもバスト部分はち切れそうですが、数千件のいいねをもらい、

大きいバストの写真を掲載することやそのバストで街に出ることを楽しんでいるようです。

彼女ほど大きなバストを持つと、肩こりなど体にも影響が出ることでしょう。

しかし、毎日のストレッチや腹筋が割れるほどのワークアウトを欠かさず行っており、

ボディラインの維持に努めています。年齢不詳の彼女ですが、自身が女の子のママで、

食事をさせなくてはいけないと、よくスーパーに食料品を買いに行く時の写真が掲載されていました。

そんな時もバストの大きさが目立つ服装をチョイス。

子供がいても、豊胸を積極的にして、自分の満足のために美を追求する姿は、アメリカならではですよね。

次元を超えたすごいアラフィフのコスプレ...@kittyink.wildatheart

kittyinkwildatheart

@kittyink.wildatheart

オーストリア人のキティインクさんは、大きいバストと全身のタトゥーが特徴的な47歳のタトゥーアーティストです。

その姿は、クリスマスのサンタ、ロック風、デビルなど、コスプレを超えてアート作品のよう。

36歳から整形を始め、2回の豊胸を得て現在の巨大なバストを手に入れました。

ヨーロッパでは最大級のサイズである、1,050ccのシリコンインプラントを入れています。

彼女は大きすぎる、極端すぎることに美意識を感じており、自分の体を芸術の一部として捉えていると語りました。

全身整形にはすでに60,000ユーロ(約7,586,000円)を費やし、10年間という時間をかけて作り上げてきたのです。

しかし、「私が死ぬ時は、整形のプロセスが終わる時。」と今後も豊胸や整形を続ける予定だそう。

美しさを感じる基準は人それぞれですが、彼女の美的意識は、彼女自身の姿です。

そのため、バストは自然である必要がありません。

彼女にとっては、人工的に見えることがとても魅力的だと感じているようです

SNS上では、彼女の外見に否定的な声が多くありますが、そんな声は無視して自分が幸せであることを重要視しています。

実際27年間の結婚生活は、外見上の変貌を遂げても変わらず、

逆に関係が良くなっているとのこと。

アラフィフに見えない体型を維持されていますが、おばあちゃんになってもこの体型を維持して欲しいものです。

 

ドバイからゴージャスライフ@sabihababyx

sabihababyx

@sabihababyx

イギリス国籍を持つSabiha(サビハ)さんは、ドゥバイを中心に世界各国を旅するインスタグラマー。

エスティックドクターの資格を持ち、ケミカルピーリングやボトックスなどのサービスを提供する資格を所持しているようです。

また、ゴージャスなライフスタイルとともに、水着姿や露出度高めなドレスで、大きなバストを披露しています。

引き締まったウエストは健康的ですが、反比例するように、盛り上がったヒップと大きすぎるバストがとても目立つ、アニメに出てきそうな体型です。

バストインプラントは想定1,000cc以上のサイズが入っていると考えられ、

寄せなくても谷間が自然にできてしまう不自然なバストの大きさでした。

しかし、そんな投稿が相次いでいた1年後、バストサイズが急に控え目になったのです。

大きすぎたバストを豊胸し直したのでしょうか。大きいバストであることは変わりませんが、

よりナチュラルに見えるサイズ感に変わっています。

どんどん大きなサイズを目指す方がいる一方、

彼女は、最新のファッションやトレンドなどにも敏感なインフルエンサー。

豊胸に失敗しても、修正をしながら自分の美しさを追求しているのではないでしょうか。

 

イギリスのバービーメロンバスト@elizabethlouu

elizabethlouu

@elizabethlouu

イギリスのマンチェスター在住のelizabethlouu(エリザベス)さんは、金髪と大きなリップが特徴的なイギリス人。

もちろんご自慢のバストをSNSで頻繁にアップしています。

シリコンインプラントのバストは1,000cc以上と考えられますが、

バストはそのままの状態だと離れた状態で、

まるでメロンが胸板に乗っているようです。

谷間を作ることができる水着やドレスでバストを寄せると、

その形はまた不自然なボール状ですが、彼女はとても気に行っているよう。

同じような目線と寄せたバストの写真が数多く並びます。仰向けになった彼女のバストアップ写真は、

バストが流れることなく、そのままどんぶり茶碗が乗ったままです。

彼女のように、シリコンインプラント豊胸では、インプラントがほとんど動かないため、

谷間が空いてしまうケースが多くあります。

サイズだけではく、バスト全体のデザインができるドクターに施術をしてもらうことが重要です。

肉体改造でバストもスケールアップ@fit.goth.barbie

ToriLee
アメリカ在住の30代のTori Lee(トリー・リー)さん。

政治家の娘として育ち、政治からタトゥー、フィットネスまで幅広い興味をインスタでアップしています。

1年前に投稿を始めたころには、クロスフィットで身体を鍛えている健康的な写真が多くありました。

その頃は、まだバストは大きくありません。

しかし、ボディビルダーのように強靭な身体がアップされていく中、急にバストが大きくなっていきます。

彼女も「インプラントでバストが大きくなりました。」と告白し、ドレーン付きの写真をアップしていました。

豊胸手術で11週間もジムに行けなかったことを悔やんでいましたが、

入れたインプラントのサイズは1,000ccとのこと。

今まで鍛えてきた身体や運動に支障が出そうなバストサイズになり、容姿も妖艶な姿に変わりました。

今後は、エクササイズよりもバストや他の整形でボディ改造をしていくかもしれません。

まとめ

海外のインフルエンサーは、年齢を問わず豊胸をしても比較的オープンにしています。

バストアップ写真のアップはもちろんですが、どんどん大きくなるバストをアップする方も。

そして、自然なバストを通り越してやりすぎのバストになってしまった方も多いです。

一部ユーザーのいいねや賞賛の声で、さらなるバストアップを目指す方も少なくありません。

豊胸のサイズや見た目は、自分に本当に合っているかどうかを確認することはもちろんですが、

信頼できるドクターなどの意見をしっかり参考にしたいものです。

© 2021 Houkyou × Honmono