まとめ 人気記事

みんなの「 きっかけ 」教えて!どんな時に豊胸しようって思ったの?

きっかけ 7:「左右のバストのサイズが違う」

右の胸が小さく、左よりも1カップほど小さいです。
大きい方にブラジャーを合わせるしかないので、右側にだけパットを入れないとダメで、それがずっと苦痛でした。
夫には付き合っているころから豊胸したいということを言っており「個人的にはしなくていいと思うけど本当にしたいなら止めはしない」と言われていて、したいと伝えるとすんなりOK。
左右のバランスを良くしたいと思って右胸だけ豊胸をすることに。

女性アイコン4

 

引用:豊胸ナビ

少数ですが「バストのサイズが違う」という声もありました。
確かに、毎日ブラジャーに片方だけパットを入れるのは苦痛ですし、美容を気にする人なら「胸のサイズを揃えたい」と感じるのは自然なことだと思います。

きっかけ 8:「広告を見て」

29歳で彼氏もおらず、港区に住んでいるので出会いの場には恵まれているはずなのに、誰も声をかけてくれる人はいません。
どんどん自信も無くなってきました。
そんな私の目にとまったのが「バストアップでより魅力的な女性に!」の文字。

ない胸にバストアップという言葉が突き刺さりました。
たしかに、私はどちらかと言えば幼児体型でした。
160cmに47kgという細めの体型。
胸も、悲しいかな、寄せても谷間ができないAカップ。

もう少しだけでも胸の膨らみがあれば、大人っぽい雰囲気を醸し出せるかも。
「何かが変わるきっかけになる」と感じた私は、
その広告に書いてあった豊胸手術を受けるべく、情報集めをしました。

引用:豊胸ナビ

「ネットや雑誌の広告が目にとまった」という声もありました。
確かに広告はインパクトがありますが、広告の情報をそのまま信じるのでなく、どのような豊胸方法なのか、しっかり自分自身で調べる必要があります。

きっかけ 9:「自分が安心できる豊胸方法を知った」

女性アイコン

2人目の子供を出産した後、産後太りを解消しようとダイエットを頑張ったら、Cカップあった胸が、AよりのBカップになりました。
授乳によってハリもなくなり、まるでお婆ちゃんのような姿に…。
育乳ブラを購入したり、補正下着を着用したり、自分なりに何年も頑張ってきましたが、結局元の状態に戻ることは、なかったんですね。

「もう結婚しているし、ビキニも着ないし、仕方がないかな」
このように半分諦めかけましたが、胸の大きな人を見かけては羨ましく感じる自分に、うんざりしていたんです。

そんなとき、自分の脂肪から純粋な脂肪だけを取り除き、胸に注入できる「コンデンスリッチ豊胸」の存在を知りました。
脂肪注入豊胸なら自分から採取した脂肪を胸に入れることができるので、これなら安心して挑戦できると思いました。

引用:豊胸ナビ

「豊胸」と一言でいっても様々な施術方法があり、より自然で安全性の高い方法へ進歩しています。
こちらの方のように、健康的な観点から豊胸を諦めていている人も、自分が安心できる豊胸方法があるかもしれません。

きっかけ 10:「ダイエット」

 

女性アイコン4
2年前に、1年程で体重を約35キロ落とせたのですが、胸の上の部分の脂肪が無くなり、萎んでしまっておばあちゃんみたいな胸になってしまって、悩みに悩んで受けることにしました!!

 

引用:美容医療の口コミ広場

「ダイエットは胸から痩せる」ともいわれますが、胸は脂肪なので痩せれば小さくなってしまいます。
「せっかくダイエットでキレイになったのだから、胸にも自信を持ちたい」と思うのは自然なことですよね。

きっかけ 11:「自分を変えたい」

女の子

「豊胸をしたい」漠然とそう思い始めたのは二十歳の頃でした。
当時付き合っていた元カレの思わぬ一言が原因です。

お酒が入って気持ちが大きくなった元カレが
「おまえ、胸ないからな~」と、冗談混じりに言ったのです。
それから1ヶ月も経たないうちに別れてしまいましたが、その出来事が知らず知らずのうちにトラウマになっていたようで、自分の体に自信を持つことができませんでした。

「いいなぁ」と思う男性がいても「どうせ私なんて…」と一歩踏み出すのが怖くなってしまいました。
「もうこんな自分は嫌!私だって普通に恋して幸せになりたい!」
そう思い、豊胸しようと決意しました。

引用:豊胸ナビ

「コンプレックスを解消して変わりたい」という声も多くありました。
女性の象徴ともいえる「胸」にコンプレックスがあると、自信がなくなってしまう気持ちはよくわかります。

まとめ

今回は、豊胸経験者の「豊胸を決めたキッカケ」を紹介しました。
キッカケは人によって様々ですが「授乳後に胸がサイズダウンした」「元々胸の大きさにコンプレックスがあった」などの理由から「自分に自信がなかった」という声が多かったです。

豊胸は、メリットだけでなく、デメリットもあります。
しかし「自分を変えたい、自信を持ちたい」という願いには応えてくれるはずです。

「豊胸しよう」と決めた後も、クリニック選びや施術方法で悩むことがあるかもしれませんが、まずは一歩踏み出して、コンプレックスの解消に繋げましょう。

 

安全 で コスパ が良い 豊胸 手術のまとめ

どの豊胸手術が長期的な目線で一番安全でコストパフォーマンスが良いのか徹底検証しました。ヒアルロン酸、シリコン、脂肪注入、脂肪幹細胞、一番のコスパが一番良いのはどれでしょうか。

続きを見る

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ