まとめ 人気記事

みんなの「 きっかけ 」教えて!どんな時に豊胸しようって思ったの?

きっかけ3:「サウナで友達の美乳を見て」

友達のバストを見て、、ショック

女の子

きっかけは、一緒にサウナへ行った時に友達の胸がとても綺麗だったことです。
「自分のバストは授乳後でしぼんでるし、なんて貧相なんだろう」と正直に思いました。

付き合いの長い友達だったので、そのバストの綺麗な友達に
「Mちゃん、すごいバスト綺麗だね~!うらやましい!」って率直に言ったら、
「ありがとう~!実はこれ豊胸しているんだよ(笑)」って彼女も正直に答えてくれました。
そこで、今まで豊胸手術なんて考えたこともなかったのに、断然豊胸に興味が湧いてしまったのです。
さらに、友達がクリニックの院長と知り合いだったことや、院長の人柄やクリニックの様子を詳しく教えてくれたのが手術をしようと決めた理由に大きかったです。

「友達が豊胸を告白してくれた」という、珍しいケースもありました。
身近に豊胸経験者がいると、疑問や不安なことも聞けて心強いですよね。
豊胸への関心がぐっと高まるのも頷けます。

 

キッカケ4:「彼の一言」

大きくしてあげるね

口コミ5
当時付き合っていた彼氏「いっぱい触って大きくしてあげるね」の一言がきっかけでした。
唐突に言われたこの言葉に、どんな意味があったのかは私にはわかりません。
でも私は、その言葉の意味を
「胸の大きい子が好みだから、大きくなるよう頑張ってね」
という受け取り方しかできなくて、、。

その頃から自分の胸が小さいことが、すごく気になってきてしまったんです。
きっかけは彼氏の一言でしたが、「彼氏のために豊胸したい」というよりは、
「彼氏にコンプレックスを指摘されたから悔しい」という思いの方が強かったような気がします。

 

引用:豊胸ナビ

「彼に胸の大きさを指摘された」 というような人も意外と多かったです。
ひどい彼だと思いますが、好きな人にコンプレックスを指摘されるのは辛く、悔しいですよね。
「見返してやりたい」という気持ちがよく理解できます。

きっかけ 5:「周りに貧乳をからかわれた」

まさか脂肪注入で失敗するなんて

もともと胸が小さいのがコンプレックスでした。
大学生のころお付き合いしていた彼氏が、巨乳好きで、酔っ払うと胸が大きい女の子に抱きつくという事件が起こり、その彼氏に振られて「どうせおっぱいないと好きな人にも愛されないだ...世の中おっぱいなんだ」と。

さらに、心傷中に、サークルの合宿の夜のコンパで私が胸が小さいことをイジったネタを披露されたこと。
周囲は笑いのネタのつもりでしたが、胸が小さいことにコンプレックスを抱いていたわたしにとってとてもショックでした。

かつ当時は彼氏に愛されるには、胸が全てというとても偏った考えになってしまっていたこともあり、自信をなくしたのと、笑いのネタにされたことが悔しくて絶対大きくなって見返してやりたいと思い豊胸手術を決心しました。

引用:豊胸ナビ

「笑いのネタにされた」という、辛いキッカケも見られました。
人の身体に関することをネタにするなんて全く笑えません。
ショックで偏った考えになってしまい「豊胸して見返したい」と考えるのも当然だと思います。

きっかけ 6:「サプリメントやマッサージでも変わらない」

ずっとあるコンプレックス

口コミ3
私が胸のサイズを大きくしたい!と思い始めたのは高校に入ってからでした。
高2の姉はEカップあるのに高1妹の私はBカップ…。
周りの友達も比較的大きい胸の子が多くて、ものすごくコンプレックスだったんです。

成長期だから姉みたいにいずれ大きくなるかもと期待していたんですが、大学に入ってからも胸のサイズが全くアップする事もなくBカップのまま。

胸を大きくしようと毎日バストアップの運動をしたり、いくつものバストアップサプリや、胸のツボを刺激する美容機器を購入して試したりしましたが、結果はどれもダメで全く効果ありませんでした。
背中の脂肪を胸にもってくる方法もそもそも背中に脂肪がない…。
ツボなんていくら刺激してもBカップはBカップのまま。
サプリも何の変化もなし。
これはもう、最終手段しかないと思い大学卒業前に豊胸をしようと決意しました。

「サプリメントやバストアップの運動で変化がなかった」というような声も多かったです。
豊胸を経験した人も、最初から豊胸手術を選んだわけではなく、様々なバストアップ方法を試した後、最終手段として豊胸手術を決意したのかもしれません。

次のページへ >

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ