まとめ 人気記事

みんなの「 きっかけ 」教えて!どんな時に豊胸しようって思ったの?

豊胸の きっかけ って何?

イラスト:ねね子7

豊胸の きっかけ となったみんなのエピソードをこの記事でまとめています。

「胸のコンプレックスから解消されたい」
「水着や下着姿に自信を持ちたい」

このように、バストに関する悩みを持ち、豊胸手術に興味のある方は多いです。

この記事を読んでいるあなたも「豊胸手術に興味はあるが迷っている」のではないでしょうか。
しかし、デリケートな話題で実際に豊胸手術経験者から話を聞くことは難しいです。

身体への負担や費用も含め、簡単にはできない「豊胸」を決意した人は、どのようなきっかけがあったのでしょうか。
この記事では、豊胸手術経験者の「豊胸を決めたキッカケ」を紹介します。

きっかけ 1:「銭湯で恥ずかしい思いをした」

豊胸の きっかけ - 銭湯で恥ずかしい思いをして-

会話アイコン2

なぜ豊胸をしようと思ったかと言いますと私は2人の子供を母乳で育てました。
2人の卒乳で頑張った私の胸は役目を果たしたかのように子供の生まれる前とは別の胸のようになってしまいました。
ハリもなく大きさも2サイズほどダウン。
すごくショックでした。

ある日久しぶりに銭湯に行く機会がありました。
その時に今までに感じたことがなかった恥ずかしいという感情がありました。
自分の垂れてしまった胸がとても恥ずかしく常にタオルで隠していました。
そして帰宅してすぐにリサーチを開始しました。

「他人の目が気になって豊胸を決意した」というような声が多数ありました。
普段は「仕方ない」と諦めていても、銭湯やサウナ、プールなどで他の女性と自分の身体を比較してしまい、コンプレックスが強くなってしまう気持ちはよくわかります。

きっかけ2:「授乳後」

バレない豊胸

私が豊胸を意識したのは、出産し、授乳が終わりだいぶ子育てが落ち着いた頃になります。

もともとCからDくらいでしたが、萎んで垂れてコンプレックスになりました。
温泉に行くことなどに抵抗を感じたりもしていました。

当時は余り慎重派ではなく、突き進むタイプ(若かったこともあり)だったので、あまり躊躇なく美容整形外科へ足を運び、豊胸をする決断をしたのです。

会話アイコン2

「授乳前は胸に自信があったが、授乳後にコンプレックスになった」という声も多かったです。
授乳は自然なことではありますが、自信のあった胸がコンプレックスに変わってしまうと辛いですよね。

次のページへ >

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ