最新の豊胸 脂肪幹細胞

脂肪幹細胞が女性のバストの悩みに応えられる

女性のバストのコンプレックス

再生医療の豊胸術の需要は、今後更に伸びていくと言われています。

バストは女性にとって、とても重要な身体の一部です。

「女性らしさの象徴」とも言われ、大きさや形にコンプレックスを抱えやすい部分でもあります。

コンプレックスをなくすために豊胸手術を受けたいと思っても、ヒアルロン酸、脂肪注入、シリコンバッグ、脂肪注入など様々な種類の施術があります。

「自然な大きさと柔らかさに仕上げたい」

「美しいバストラインになりたい」

「体に異物を入れるのは少し怖い」

本記事では、そんな方におすすめの再生医療から発展して脂肪幹細胞を含めた豊胸術、脂肪幹細胞培養法をご紹介します。

 

バストに悩みを抱える女性は多い

バストに悩みを抱える女性
脂肪再生医療に特化した株式会社セルバンクが行った、豊胸手術に関するアンケート調査では、以下のような結果が出ています。

 

悩みが豊胸手術を考えるきっかけに

豊胸手術を考えるきっかけとなったのは、やはりバストへのコンプレックスが理由のようです。では、女性がバストに抱えるコンプレックスは何なのかを見ていきましょう。

豊胸を考えたきっかけ女性のアンケート結果ーバストのサイズ

バストサイズが悩みの女性の割合

  • はい  71.4%
  • いいえ 28.6%

「はい」と答えた女性は7割以上

 

「とにかく胸がないのでからかわれる」

「胸が小さいので好きなファッションが楽しめない」

などの理由から、バストが小さいことに悩む女性が多いことが分かりました。

自分のバストに満足している女性はわずか、4人に1人の割合です。

バストの形が悩みの女性の割合

女性のアンケート結果

  • はい  76.2%
  • いいえ 23.8%

こちらでは「はい」と答えた女性が8割近く居ました。

 

「産後に胸の形が崩れてしまった」

「サウナや温泉で胸が綺麗な人を見ると羨ましい」

「もう少し小さい乳首だったら良かった」

「左右差がある」

大きさだけでなく、バランスの取れた綺麗なバストを望む女性がとても多いことが分かります。

乳輪と乳房とのバランスや、両胸の均一なバランスなど悩みは多様になっています。

次のページへ >

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ