人気記事 特集

失敗 で終わった豊胸。 後悔 一杯な人の ブログ のまとめ

後悔 ケース05: シリコンバック摘出手術+アクアフィリング豊胸をした♡子さん

 

シリコンからアクアフィリングへ

手術費用→不明

ブログ http://www.dclog.jp/_mmooee_/

シリコンバッグによる豊胸手術をした♡子さん。

手術後はAAカップ~Dカップになり、自信をもってバストを出せる衣装を着れるようになります。

そして、気になるトラブルや後遺症などもなかったとのこと。

この時点では、豊胸手術をしたことを全く後悔されていませんでした。

むしろ自分のバストに自信が持て、充実した生活をおくられていました。

しかし、豊胸手術から4年後に抜去手術を決意されます。

♡子さんは、不自然な動き、硬いバストがコンプレックスになっていきます。

さらに当時のパートナーに、胸が少し硬くない?などと言われたこともあったそうです。

シリコンバックが入っていることがバレてしまわないかと、不安になっていきました。

大切な人にバストを指摘されたことで、さらに手術に対する後ろめたさを深めてしまいます。

そんなとき、シリコンバックよりも自然なアクアフィリング豊胸の存在を知り、

今入れているシリコンバッグを抜き、アクアフィリングを入れることを決意されます。

シリコンバックは、やせ型の人は違和感が強くなってしまいます。さらに、ずれたり不自然な動きや冷たさなどデメリットもあります。

仕上がりやメリット、デメリットをよく考慮して、手術をすることが大切です。

豊胸手術で後悔しないために

豊胸手術で、思うような結果が出ず、後悔一杯な人がいます。

豊胸手術にはいくつかの術式があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

医療は日々進化していますが、いずれの術式も完璧ではありません。

インターネットや広告では、成功した人やメリットにばかり目が行きがちです。

手術を決める前に、必ずデメリットも受け止め、術後のリスクさらには10年後、20年後に

どうなるかということも視野にいれることが大切です。

 

© 2021 豊胸.jp-豊胸 x ホンモノ