ヒアルロン酸注入 体験レポート

東京中央美容外科(TCB)の豊胸体験-e

私は、東京中央美容外科(TCB)でヒアルロン酸注入による豊胸をしました。モニターだと料金が安くなるということで、少し迷いもありましたが、顔出しはなしという条件でお受けすることにしました。最初に結果からお伝えすると、胸が2カップ程大きくなり、大変満足しています。私はもともと全体的に痩せ型で、スリーサイズは「B77-W65-H85」という「ガリガリ寸胴型」でした(笑)。それがこのヒアルロン酸注入で、「B80」になってAカップからCカップになったのです。胸が大きくなったことで自分に自信が持てるようになって、とても嬉しく思います。そこで、私の体験を詳しく皆さんにお話しして、今豊胸をしようか迷っている方の参考になれればと思います!
まず、私の基本的なプロフィールですが、名前はM、首都圏在住のOLで25歳です。4年付き合っている彼氏がいます。彼氏は気にしないよと言ってくれますが、これまでずっと自分の胸の小ささがコンプレックスでした。夏になれば水着もトップスも、とにかく胸が大きく開いている服を着るときは、胸の前にフリルや飾りがついているものを選んだり、下着もかわいいなと思うものがあっても自分のサイズ展開がなかったりと、自分は世間の「普通」以下なのかと落ち込むことが多々ありました。そんな生活を送っていたものですから、大学生ぐらいの頃からお金が貯まったら、豊胸をやろうと密かに決心していました。働き出して数年経って、ある程度お金に余裕ができたので、今回意を決して豊胸をやることにしました。ただ、そこからが長い道のりでした。手術をすべく検索したら、まあたくさんの情報が出てくるのです!手術方法はもちろん、失敗例や後悔と言った言葉も大量に目に入り、私はすっかり怖気付いてしまいました。しばらく本当にやるのか考えましたが、長年悩んできたコンプレックスを解消するチャンスと考え、自分で情報を整理してできるだけ後悔のないように進めようと考えました。
様々な情報を得ていくうちに、どの手術方法にもそれぞれメリットデメリットがあるということがわかりました。ですので、自分が何を優先するのかを考えて選ぶことにしました。私がこの豊胸手術をするにあたって、外せないと思ったポイントは以下の3つで、①ダウンタイムが短いこと②触り心地が自然なものであること③リスクが小さいものであることです。この3つを考えると、ヒアルロン酸注入式が一番良いような気がしました。ヒアルロン酸注入は、メスを使わずに注射で胸に直接注入するものです。自分の脂肪を体の一部からとって行う脂肪注入も気にはなりましたが、そもそも痩せ型なので自分の体から取れるか疑問に思ったことと、ダウンタイムがヒアルロン酸注入よりも長くかかることが気になったのです。仕事があるのでそんなには休めないし、傷跡が残ってしまうのではないかということも気がかりでした。ちなみに、彼氏や周りの友達には堂々とやってくるから!と宣言していたのですが、さすがに職場では秘密にしていました(笑)。
手術方法を決めたところで、次はクリニック選びですが、これも本当にたくさんの病院があるのでとても悩みました。東京都内はもちろん、意外と地方にも良さそうな病院があって相当悩みましたが、冷静になって考えると、手術件数が多く、症例がたくさんあるところが一番ローリスクだと思い、結局症例が一番たくさんネット上にあったTCBで行うことにしました。カウンセリングはすぐの日にちが取れたので、すぐにカウンセリングに行きました。悩みをカウンセラーと呼ばれるスタッフさんに話して、しばらく待っていると先生がやってきて、詳しくカウンセリングをしてもらいました。私の希望を伝えると、確かにヒアルロン酸注入がおすすめということでした。ちなみに、私の理想とする形は綺麗なお椀型です。また、せっかく手術をするのなら大きくしたいということで、デコルテから自然にボリュームアップする形でお願いすることにしました。ヒアルロン酸注入の良いところの1つは、細かくデザインが指定できることなので、この日にさまざまな症例を見せて頂いて、納得いくまで形について話し合いました。胸の肌の状態にもよるようですが、私の場合はマックスで200ccくらい入るであろうとのことでした。うまくいけば2カップは上がる数値なので、内心結構興奮していました。
ただし、手術ですから良い面ばかりを聞いているわけにはいきません。調べてきた怖い部分―ヒアルロン酸はしこりになる可能性もあるということや、数ヶ月で吸収してしまう可能性もあることーについてかなり積極的に聞きました。まず、しこりについてはTCB式ヒアルロン酸注入では、ヒアルロン酸を皮下組織機外の部位に入れてしまうことによって起きるそうです。「絶対にしこりにならないとは言えないのですが、熟練した医師のみが担当しますし、アフターケアのために術後数回は定期検診のため来院することになっています」と先生にお話し頂き、少し安心しました。また、吸収についてはTCBではTCBが独自に開発した「PURE FEEL」というヒアルロン酸を入れているそうで、こちらは触り心地が自然で、従来のものより持続性がアップしているそうです。大体効果が持続するのは2〜3年ということでした。独自に開発などと言われると、疑い深い私は怪しいんじゃないの?!と思ってしまったのですが、CEマーク(全てのEU加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク)やKFDA MFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を取得している安全性の高いものらしく、そんなに危ないものではないみたいです。
リスクについてまとめると、やはり手術なのでリスクはありますが、メスを使わず注射で溶ける成分を入れるだけなので、他のものに比べればリスクは低いのだそうです。良くも悪くも最終的には「溶ける」もので一生残るわけではないので、とお話しがありましたが、そう言われるととても納得できました。
それから、大事な金額についてですが、まず、TCB式ヒアルロン酸注入には4つのコースがあるようでした。その差は簡単に説明すると、中に注入するヒアルロン酸の質です。値段と比例してヒアルロン酸の質と持続性がアップするとか。一番下の「スウィート」が1ccあたり850円なのに対して、一番上の「グラマラスプレミアム」は1ccあたり6800円です。ものすごく差がありますよね。ちなみにその間の2つを選ぶ方が多いらしく、下から2番目「スウィートプレミアム」が2400円/1cc、上から2番目「グラマラス」が4600円/1ccでした。一番下のランクは気軽にちょっと入れてみたいとか、試してみたいという人が選ぶことが多いということでした。私はある程度持たせたかったので、上から2つ目の1ccあたり4600円のグラマラスにしようかなと考えました。そこで、先ほどのカウンセリングで言われた200cc入れられそうということを踏まえて試算してみると4600×200で92万です。数年貯金していたものの、内心高い!と思いました。数年しか持たないのにそれではちょっとわりに合わないなと思って、もう一つ下のランク「スウィートプレミアム」で考えると2400×200で48万です。まあそんなものかなと思っていると、スタッフさんからモニターを募集しているというお話を伺いました。モニターは顔出し有り、無しが選べて、「スウィートプレミアム」の場合35%offで、200ccが31万2000円でした。術後数回来院して経過の写真を撮るだけというお話でした。もちろん専用のブラジャーは付けるとはいえ、胸の写真を撮られるのはやはり少し抵抗がありましたが、女性のスタッフさんでしたし、私もネットの症例に助けられましたし、なんと言っても安くなるし!ということでお受けすることにしました。私の場合は周りの人に言っていたとは言え、全世界に顔ごと公開するのは気が引けたので、顔出しはなしにさせて頂きました。ここまでくれば、あとは手術日を決めてこの日はおしまいです。
 ちなみに、手術の悪いところを話したがらなかったり予想よりも金額が高かったり等、もし納得いかない部分が少しでもあれば、他のところにセカンドオピニオンを取ろうと思っていたのですが、執刀医と直接話して信頼できそうと感じたので、もうここでやってもらうことにしました。それまでにネットでかなり情報収集していたのも良かったと思います。
肝心の手術日は、仕事の都合で3ヶ月先にしました。ダウンタイムがないとは言え、自分の体調に変化があると困るので、あまりきついスケジュールを組みたくなかったのです。ですので、すぐにやりたいという方のご参考にはならないと思うのですが、院や先生によってかなりオペの日が変わってくるようでしたので、お時間には余裕を持って相談することをおすすめします。
さて、カウンセリングが終わればあとはその日を待つだけです。いろんな話を聞くことができてビビリな私にとっては精神的にはかなり楽になりましたし、それまで漠然としていた希望がもうすぐ実現するということで、手術までは思っていたより楽しい気持ちで過ごすことができました。施術自体15分程度で終わる日帰りのものですし、特にそれまでに準備することもなかったので、普通に日常の生活を送り、気がついたら当日になっていました。(笑)
当日は、さすがに少し緊張してクリニックに向かいましたが、スタッフさんが優しく声をかけて下さったり、着替えた後にカウンセリング時の先生が施術内容を口で確認しながら体にマーキングをして下さったので、施術の際は落ち着いて過ごすことができました。ちなみに、マーキングというのはどこにどのくらいヒアルロン酸を入れるかを、人間用チャコペンのようなもので体に下書きすることです。 書かれている時、いよいよやるんだなと思ってワクワクしていました。それが終わると次は麻酔です。麻酔は、局所麻酔と笑気麻酔を併用して行いました。吸うだけの笑気麻酔と違って、細い注射針で刺す局所麻酔はちょっと怖かったですが、胸の下がわずかにチクッとしただけで、全然痛くありませんでした。そこからは、何か胸の下でやってるな〜くらいの感覚を感じながら、20〜25分ほどで終了。終わったらすぐ鏡を渡され、形をチェックするように言われました。ドキドキしながら鏡で見てみると、確かに胸が大きくなっていました!触ってみても柔らかくて、そんなに不自然な感じはありませんでした。術直後は入れたものがまだ自分に馴染んでいないので一番胸が大きくなっているのは分かっていましたが、自分の胸ではないみたいで本当に感動しました。麻酔が切れてくるとだんだん筋肉痛のような痛みが出てきたので、頂いた鎮痛剤を飲みました。2日くらいはそのような痛みがありましたが、それ以降は大した痛みも感じず、1週間後くらいからはうっかりうつ伏せになってしまいそうなくらいでした。ちなみに、術後3週間はうつ伏せ寝、激しいスポーツなどは控えるよう言われ、うつ伏せで眠れないのは若干不便でしたね。下半身のシャワーは当日から、入浴と飲酒は3日後からOKでした。その後3日後、1週間後、その後は1週間ごとにモニターの写真撮影と術後の経過観察を兼ねて通院しましたが、問題はなく、今2ヶ月が経とうとしています。
説明通り、ダウンタイムは短かったですし、私の場合は心配していたしこりなどのトラブルが起きなかったので、数十分横になっていただけで、胸が約2カップ分大きくなり、やってみて本当に良かったと思いました。今後は胸の開いた服も積極的に着ようと思っています!ちなみに、彼氏は「気にしないよ」と言っていたわりに出来上がりを見て喜んでいたので、思い切ってチャレンジして良かったです(笑)。周りの友達も私の胸を触って、普通に柔らかいしそんなに簡単にできるならやろうかな〜と言っていました。
豊胸は、調べるとたくさんの種類があるし、トラブルは怖いしで、なかなか勇気が出ませんよね。でも、私の場合は満足いく結果になりました。特に私のやったヒアルロン酸注入は、脂肪注入など大掛かりな手術とは違って簡単にできて、おすすめです。これからどのくらい持つかはまだ分かりませんが、持っている間に結婚式ができればいいな〜と思います!!
これから豊胸をやろうかなと悩んでいる方は、とにかく自分が何を優先するかを考えて、調べて、納得の行く豊胸術を見つけてほしいと思います!長々と読んで下さりありがとうございました!

-ヒアルロン酸注入, 体験レポート
-, ,

© 2020 豊胸ナビ