乳房の知識
豊胸手術の基礎知識
 
豊胸体験記
手術までの流れ
知っておきたい術後の注意点
Q&A
メール相談
カウンセリング予約
インフォームドコンセント
サイトポリシー
加藤クリニック麻布へ
HOMEへ
安心して豊胸手術をうけていただくために、豊胸手術でおこりうる問題点およびその対処法にいたるまで詳しく説明いたします。
その問題点とは
1.カプセル拘縮
バッグ(人工乳腺)のまわりに形成される被膜が本来のバッグの大きさより小さくなり、バッグをしめつけるように固く収縮してしまう状態のことを指します。
2.バッグの破損
3.血腫および破損

術後、バッグ(人工乳腺)のまわりで出血し血液がたくさん溜まって腫れる事を血腫といいます。また傷口からバクテリアが侵入した場合に感染をひきおこすことがあります。

4.リップリング

術後2週間くらいから安定したカプセルが形成される頃に、バッグのまわりに部分的にペコペコするところが出てくる場合があります。この状況をリップリングと呼び、経過とともに分かりにくくなる事が多いですが、まれに残存することがあります。
バッグの周囲のカプセルが形成される経過で、膜が均一にできていない部分におこります。

5.左右差

豊胸手術後、今まで意識しなかった左右差が強調されて見えることがあります。

6.バッグの位置移動

適正な位置にとどまらず、バッグが上方に移動し、そこで固定されてしまうことがあります。

これらの問題点を回避するには、専門医による術前の十分なカウンセリングと豊胸手術の症例数の多い医師を選ぶことが大変重要になってきます。
また成功のカギは、執刀する医師がこれらの問題点の解決法をどれだけ多くもっているかにかかっているといえるでしょう。