乳房の知識
豊胸手術の基礎知識
 
豊胸体験記
手術までの流れ
知っておきたい術後の注意点
Q&A
メール相談
カウンセリング予約
インフォームドコンセント
サイトポリシー
加藤クリニック麻布へ
HOMEへ
・高度な麻酔技術を使用
手術には麻酔が必要ですが、麻酔の種類には大きく分けて「局所麻酔」と「全身麻酔」の2つがあります。全身麻酔が全身の感覚も意識も同時に麻痺させるのに対して、局所麻酔は手術を行う領域の感覚だけを麻痺させるので、意識はあります。

豊胸手術はバストだけの手術なので、理論的には局所麻酔で十分なはず。 ところが実際には、全身麻酔で行うのが一般的になっています。なぜなら局所麻酔をバスト全体に効かせるには何本もの注射を打たなければならず、注射自体が痛いのと薬の量が多くなってしまうのとで、患者さんへの負担が大きくなってしまうからです。

では、全身麻酔が最適かというと実はそうでもありません。身体に大きな負担がかかるため入院しなければいけないからです。

ここ最近豊胸手術にもっとも適してるといわれるのは、局所麻酔の進化系とも呼ばれる「硬膜外麻酔」。無痛分娩で行われる麻酔法で、これを豊胸手術にも応用するのですが、特殊な技術を要する麻酔法であるため、まだ実践している医師が少ないのが現状です。

・硬膜外麻酔とは
無痛分娩ではポピュラーな麻酔法。母胎や胎児へ影響を及ぼすことなく陣痛の痛みを取り除いてくれます。これを豊胸手術に応用します。

まず点滴によって全身を軽い睡眠状態に導き、その後の麻酔作業の痛みをやわらげます。そして背中から細いチューブを入れて、バスト周辺の神経だけをブロック。すると呼吸や意識に影響なく、バストの痛みだけが取り除けます。

術後の覚醒もすみやかなため、安全な日帰りの手術が可能となっています。