乳房の知識
豊胸手術の基礎知識
 
豊胸体験記
手術までの流れ
知っておきたい術後の注意点
Q&A
メール相談
カウンセリング予約
インフォームドコンセント
サイトポリシー
加藤クリニック麻布へ
HOMEへ
一般的に豊胸に使われる人工物をマンマリーインプラント(mammary implant)と呼び、その構造は外皮(シェル)と内容物で構成されています。
外皮(シェル)構造にはツルツルとした表面のスムースタイプと、ザラザラした表面のテクスチャードタイプがあり、さらに内容物、形状(アナトミカル型・ラウンド型)の違いでみると数種類のバッグ(人工乳腺)があります。
・生理食塩水バッグ
バッグの内容物に、完全無菌処理を施した人間の血液と浸透圧の等しい濃度0.9%の生理食塩水を用いたもので、医療現場では頻繁に使用されています。コンタクトレンズの液と同じものですから、人体に悪影響を及ぼすことはありません。このことによってバッグが万が一破れても、人体へ影響ない豊胸手術が可能になりました。

生理食塩水インプラントはシリコンジェル使用中止要請以降、急速に需要が広まり、最もポピュラーな方法の一つになっています。

しかしながら、生理食塩水にも難点があります。
・感触(症例によって従来のシリコンジェルほど自然な乳房を形成できない)
・通常、PREFILLED TYPE(予め生理食塩水を満たしてあるバッグ)ではないため、バルブからの水漏れが問題となることが多い。

・シリコンジェル
1992年にアメリカ合衆国FDAが医学的懸念からシリコンインプラント使用中止要請を出しましたがその後の研究により、発ガン・自己免疫疾患との因果関係が否定され、現在日本では、再び多くの医師がシリコンインプラントの使用を開始しました。

シリコンを内容物としたインプラントには2種類あります。シリコンの流動性が大きい液状タイプシリコン、シリコンの流動性を抑え万が一漏れた際の流失を防ぐコヒーシブシリコンです。安全性で見た場合、漏れ対策を考慮して開発されたコヒーシブタイプの方が優っているといえるでしょう。
シリコンインプラントはその他の内容物のインプラントと比較した場合、触感の良さにすぐれており、もともと乳腺のボリュームが少ない方にも違和感が少なく、もとの胸に馴染むといわれています。

・ハイドロジェルバッグ

ハイドロジェルとは生理食塩水に、高分子ポリマーを加えてジェル状にしたもので、高分子ポリマーの種類により何種類かに分類されています。
ポリビニルピロリドン(PVP)製、ポリサッカライド製、カルボキシメチルセルロース(CMC)製があります。
ハイドロジェルバッグは柔軟性に優れ、また安全性も高いことよりまだまだ日本での人気は衰えてないようです。

鏡餅の形状に似たラウンド型と、横から見た形が「しずく」に似たアナトミカル型があります。

・ラウンド型

内容物の流動性が高いバッグ(人工乳腺)であれば、仰臥位では自然にながれ、また立位ではしずく状の形になるため、より生体の動きにマッチし自由度が高いという理由からラウンド型は人気があります。

 
・アナトミカル型

本来、乳房は立体では重力で下にたれるので初めからこの形をしたアナトミカル型は形体上、的をえているものです。
流動性の比較的低いインプラントの立体時の乳房形体を優先したい場合に威力を発揮します。

脂肪注入法は、一見簡単・安全そうですが、十分注意が必要です。からだのほかの部分からとった脂肪をバストに注入するというものです。

バストへの脂肪注入はたとえ良質のものでも身体に吸収されてしまいバストサイズは元に戻る可能性が高いのです。

また、注入した脂肪が後で石灰化したり、シコリとなって乳ガンと誤診されたりと、なにかと問題が多くなっております。

現在、日本には豊胸バッグの製造メーカーがないため、 すべての豊胸バッグは海外より輸入することにより対応しています。 選択基準も各ドクターの判断に任されており、 加藤クリニック麻布では豊富なバッグバリエーションの中から、 患者様のご希望や状態に合わせてオーダーメイド感覚で、安全性に重点を置いたよりナチュラルなバストをつくるバッグの選択をこころがけています。
また、そのバッグの特性を十二分に発揮させるためには、 ドクターの豊富な経験なくしてはありえません。 バッグの性能だけに重点を置くのはとても危険です。症例数豊富な技術力の高いドクター選びが成功の秘訣になります。