乳房の知識
豊胸手術の基礎知識
 
豊胸体験記
手術までの流れ
知っておきたい術後の注意点
Q&A
メール相談
カウンセリング予約
インフォームドコンセント
サイトポリシー
加藤クリニック麻布へ
HOMEへ
一般的に日本でもっともポピュラーに行われている豊胸術は脇の下のシワに沿って切開する方法です。欧米では、乳輪部や乳房下緑を切開してバッグを挿入する方法を選ぶ事が多いようですが、これは白色人種は有色人種と比較した場合、傷が目立たない事が多いという理由によるものです。
東洋人のような有色人種は傷跡が目立つ事が多い為、脇の下からアプローチする方法が適しているといえるでしょう。

バッグ(インプラント)を挿入するところは、乳腺下もしくは大胸筋下のどちらかです。
・乳腺下
基本的に、もともとバストにボリュームがある方がさらに形を良くしたい、大きくしたいという方に向いています。そのため、痩せている方にはおすすめしておりません。

大胸筋下に比べて、一般的に術後の痛みが少ないというメリットがある一方で、カプセル拘縮が起きやすいというデメリットがあります。
・大胸筋下
従来の大胸筋下法では、脇の下を約3〜4cmカットし、そこから大胸筋と小胸筋とを剥離した上でバッグを挿入していました。乳房にメスを入れないため、乳房に傷がつかないメリットがありましたが、乳腺下に比べて術後の痛みが強いためアフターケアが大変というデメリットがあります。

どちらの方法をとるかという点については、カウンセリング時にその方の身体にはどちらが適切か、また希望されるプロポーションを得られるかどうかをよく検討したうえで決定して下さい。